image...
製品情報
製品情報
Product
Windows2000対応 カスタマイズCADシステム
WindowsNT/98/95にも対応!!
Archi-CAD 2000
 Archi-CAD 2000は、クライアント・サーバーモデルのCADシステムで、クライアント部のプログラムをC++言語によって作成することにより、従来のCADシステムでは為し得なかった柔軟なカスタマイズを可能とした製品です。UNIX版は国内2,500以上のサイトで採用されている他、大手ハウジングメーカーをはじめ、多くの業種業界で専用CADシステムのベースとしても利用されており、EWS用CADシステムとして多数のユーザーにご使用いただいております。

幅広いデータ交換 −VRML, AVSに対応−
 Archi-CAD 2000は、DXFやIGES、EPSの入出力クライアントに加え、VRMLの出力クライアント、AVS Expressジオメトリーファイル出力クライアントを標準で実装しております。これにより、高いデータポータビリティを実現、多くのソフトウェアとデータを共有することが可能です。

豊かな3次元表現 −アイソメ、アクソメに対応−
 Archi-CAD 2000では、2次元投影図、3次元パースに加え、アイソメ、アクソメの2つの表現が可能となっております。特に建築図面や機械図面などで寸法値を図面から実測したいものに対して有効です。もちろんプロッタ、プリンタによる出力もこれら2つのモードに対応しております。

スケーラブルな環境 −Windows2000/NT/98、UNIXに対応−
 Archi-CAD 2000はWindows2000/NT/98マシンからUNIXワークステーションまで、スケーラブルな動作環境を提供いたします。もちろん相互間のソースプログラムおよびデータの互換性は保証されておりますので、マシンパワー不足による問題や、システム価格による問題に対して柔軟に対応することが可能です。

ネットワークとの親和性 −インターネットメールに対応−
 Archi-CAD 2000はネットワークを通して、部品や図面ファイル等の共有が行えます。
 また、データをファイルにセーブする代わりに、電子メールとして指定したメールアドレスに送信する機能なども装備されており、データをイントラネットやインターネットを介して遠地に発送することも可能です。

フルカスタマイズ性 −DBMSともリンク可能−
 Archi-CAD 2000は、クライアント・サーバーシステムで構築されており、核の部分であるサーバー、ライブラリ部分以外、全てのクライアントプログラムのC言語ソースコードが公開されています。このソースプログラムを元にお客様のニーズにあった専用CADシステムを構築することが可能です。
 また、C++言語による開発であるため、他のC言語及びC++言語でAPIが用意されているシステムともリンクさせることが可能です。見積用マスタDBや部品マスタDBと連動させるといった目的で、データベースシステムとリンクしての使用は数多くの採用実績があります。

高い信頼性
 Archi-CAD 2000は、システムが不安定になった際に、現状のデータを素早くディスク上に緊急待避するパニックセーブ機能により、高い信頼性を実現しております。

対応機種
 詳しくは対応機種一覧をご覧ください。