image...
製品情報
製品情報
Product
教育機関向けCADシステム
 教育機関向きのCADパッケージで、各種CAD教育の素材として最適です。ネットワーク上の多数のワークステーションでの利用に対応し、価格面、機能面ともに、教室での使用に最適です。UNIX環境下で運用する本格的なシステムですので、パソコンCADでは困難な、付加価値の高い教育を実現します。2次元の製図の世界から3次元のシェーディングの世界までを同一のシステムでサポートしており、一般的なCAD教育から、機械、建築、デザイン系のような専門的利用までに対応する理想的なシステムです。利用学科によって各々の専門に特化したメニューに切り替えることも可能です。UNIXネットワークのXウィンドウ環境に対して優れた透過性を有し、集中管理した演習用ソフトウェアを有効的に活用し、生徒の管理等を効率的に行うことが可能です。
 解り易いイラストによる CADワークブック も提供しております。

 Windows版のご用意もございます。
また、 VRML用3Dデータの出力にも対応しております。

教育機関向けCADシステムパッケージ
 ますます高度化しつつある情報化社会に対応し、各教育機関ではコンピュータ教育が本格的に始められています。中でも大学あるいは専門教育機関では高度で付加価値の高いコンピュータ教育を目指し、UNIXワークステーションが積極的に採用されるようになって参りました。

現在、UNIXワークステーションは高い評価を受け、さまざまな分野で加速度的な導入が進んでいます。大きなコンピュータシステムのダウン サイジング、パーソナルコンピュータのアップグレード等を目的とした高性能ワークステーションのニーズが急激に高まって来たからです。UNIXワークステーションは単に演算処理が速いというだけではなく、パーソナルコンピュータや汎用機が実現できなかったフレキシブルなネットワーク、オープンなシステムをユーザに提供しています。ユーザはマルチユーザ、マルチプロセス、マルチウインドウ等の機能をUNIXのネットワーク機能を介して使用することができます。

UNIXシステムの利用により、従来の[パーソナルコンピュータの機能に合せて教育を行なう]世界から、[教育の目的と内容に応じてコンピュータシステムを組み上げる]世界が開かれました。教育の場にUNIXシステムを生かす事は、本来のコンピュータ教育を創り上げる第一歩となるでしょう。

弊社ではそのような各種の要目をふまえ、UNIXシステムでのCAD開発、運用ならびに学校教育について先進的に取り組んで参りましたが、このたび長年の経験と実績をもとに、教育向けのUNIX対応CADシステムとしてArchi-CAD EDのご提供をさせていただく所存です。学校教育向けとして特別に作成され、教育の現場で育てられた弊社製品の優れた特徴をこれからの教育システムの基盤としてお役立て下さい。

ネットワーク運用に対応したソフトウエア
1:類を見ないネットワーク透過性

 UNIXを採用することの大きな意味は、ネットワークコンピューティングとマルチユーザシステムのなかで学ぶということにあります。ネットワーク運用を利用するについては、使用するソフトウエアのネットワーク対応性についても、次のような項目について十分考慮する必要があります。

  • ひとつのソフトウエアを多人数が共有し、同時に使用することができる。
  • 他のワークステーションでソフトウエアを実行し、表示は自分のワークステションで行うことができる。
  • 自分の使用しているワークステーションでネットワーク上の他のワークステーションのソフトウエアを利用することができる。
 上記の機能を満足することにより、演習用ソフトウエアの活用、生徒の管理等を効率的に行うことが可能です。Archi-CADはこの機能を十分に満たしています。

2:X Windowシステムへの対応

 X WindowシステムはMIT(マサチューセッツ工科大学)によって開発されたウインドウシステムです。もともと学内におけるコミュニケーションネットワークの共通基盤として開発され(Athena Projects)、その成果物が社会に提供されたものです。

 X Windowの優れた機能はコンピュータメーカに相次いで採用され、現在ではワークステーションの標準ウィンドウシステムとしての地位を確立しました。SunのOpen WindowsもX Windowが標準的にサポートされています。 Archi-CADはそのようなX Windowの純粋な環境で開発され、その環境下での運用を前提としています。したがって、X Windowがサポートされていれば、そのウインドウシステム機能を全て利用することが可能です。

 弊社ではMIT-国内大学と共同で、教育機関向けのシステムとしての開発をArchi-CADを主体に進めています。

3:メーカ、機種を問わない柔軟な対応

 X Windowシステムを採用したことにより、Archi-CADは、現在出荷されているほとんどのワークステーションでご利用いただけます。また、Xterminalでの運用もまったく問題ありません。

したがって、演習室に複数メーカの機種が混在しても、一定したCADソフトウエアの使用環境を実現することが可能です。また、同一機種内の各種OSについても対応しております。

多様な内容のCAD演習に対応
 教育機関におけるCAD演習については多彩な内容が求められます。したがって、利用されるCADソフトウェアには、本来のCADとしての機能の他に多様な機能が望まれます。つまり、幅広い利用と専門的な利用の双方に適合することが必要です。
  • CADの使用方法を主として学ぶ、オペレータ教育
  • 一般的な教養講座としてのCAD使用教育
  • CADの仕組み、利用方法等の学習が主となる専門的なCAD教育
  • CADのシステム作りの学習を目的とするCAD処理系のプログラミング教育
  • CADシステムを利用したグラフィックスプログラミング教育
  • 3次元のモデリングとレンダリングの作成教育
 Archi-CADは教育向けの汎用CADシステムとして2D、3Dを同時サポートし、上記の各種の教育目的に適応する優れたソフトウエアです。

1:複合利用が可能なCADシステム

 CADの一般的ユーザ教育を目的とする場合重要なのは、システムが特徴的過ぎないこと、教育用途だからといってシステムがシンプル過ぎないことです。また、専門的利用で大切なのは、CADとしての奥行きの深さです。 Archi-CAD EDは、幅広い利用から、機械系、建築系、デザイン系の様な専門的利用までを可能とする、理想的なシステムです。

2:導入し易いユーザインターフェース

 Archi-CADの操作系はマウスとプルダウンメニューによって構成され、初心者でもすぐに操作、演習を行なうことができます。また、熟練したユーザはその技量に応じた使い方ができる優れたシステムです。

3:簡単に改造できるメニュー構造

 各種コマンドとメニュー表示、メニューの階層等については簡単に改造することができます。各種の教育内容に応じ、自由なメニューシステムで対応します。

4:C言語でCAD機能を開発

 Archi-CADの機能はすべてUNIXのC言語によって作成されており、CADを使う教育から、さらに進んだCADを作る教育にまで対応します。また、独自の言語処理系は採用せず、UNIXシステムのC言語でそのまま開発を行ないますので、C言語教育にも対応します。

5:CAD/グラフィック教育用のライブラリもサポート

 簡単にグラフックスのプログラム演習が行えるよう、教育用のCのライブラリを提供し、多数の大学で使用実績があります。2Dの基礎図形作成プログラム、フラクタルグラフィックス、等の実際のプログラムは、ご希望があれば教育用に無償で提供を行っております。

6:ソースプログラムの提供も可能

 CADの各処理コマンドについてソースプログラムレベルでのご提供にも対応しておりますので、CADの処理系の演習にまでご利用いただけます。

7:各種レンダリングシステムの提供

 256色表示機種でも使用可能 パソコンの利用も可能
 CAD関連の教育用としてレンダリングシステムの提供も行っております。高速で手軽に利用できるフラットシェーディングの他、各種マッピング機能をサポートしたレンダリングシステムもサポートしています。
 通常の4096色中の256色表示機種で利用可能で、高価な フレームメモリ不用でCGの演習が可能です。また、画像の編集については、98等のパソコンのフレームメモリを利用することも可能です。

8:CGのモデラーとして

 3Dの機能を備えているので、CGシステムのモデリング用としてネットワークを利用した教育が可能です。グラフィックワークステーションと通常のワークステーションのネットワーク上での連係利用も行なえます。

9:生徒成績管理用各種ユーティリティの整備

 教育での利用が効率的に行なえ、運用管理維持面で先生方への負担が少ないよう、各種の便利なユーティリティのサポートを予定しております。

トータルなシステム構築のお手伝い
 UNIXネットワークの利用を前提とした教育用CADシステムを構築するにあたり、それぞれの教育機関の教育目的、利用形態に応じた全体システム構築が必要です。弊社では、長年の実績と経験を基に、各先生方のお考えを踏まえ、それぞれの教育機関に最適システムを構築するご提案をさせていただいております。
  • 目的に応じた教育システム全体の設計
  • 運用管理・維持についての計画
  • ハードウェアシステムの選択、構築、設置
  • ソフトウェア
  • ネットワークの設計、搬入、敷設
  • ソフトウェアのインスツール
  • ネットワークのセットアップ
  • 各種教育用プログラムの提供

教育用アカデミックサイトライセンスの提供
1:学校での大数量使用に応じた価格システム

 教育機関での運用を考慮し、ネットワーク対応型CADシステムとして、1台毎のソフトウ エア使用契約ではなく、教室での演習台数一式についての使用契約形態をご提供しております。

 したがって契約台数内であれば、どのハードウエアにソフトウエアをどのようにインスツールし、運用するかについて、ユーザが独自に決定することができます。例えば、故障によるコンピュータの一時代替、一部機種の変更、ソフト管理方式の変更等にフレキシブルに対応することができ、自由なインスツールと運用が可能です。

 また、教育機関向けにつきましては特別の価格でご提供を行なっております。価格につきまシステム構成、数量等で異なりますので、詳しくは弊社営業担当までお問い合わせください。

2:アフターサポート

 システムのアフターサポートにつきましても、システム本体、ソフトウエア、ネットワーク等の運用維持管理のコンサルテーションをさせていただいておりますので、ご相談下さい。モデムと電話回線によるリモートメインテナンス等も行なっております。

システム構築事例のご紹介
 Archi-CADはUNIXのネットワーク、X Windowシステムに対応し、ネットワークの透過性に大変優れたシステムです。また、様々な機種に対応しておりますので、それぞれの教育機関の教育内容、管理運用方法に合わせ、フレキシブルな教育用CADネットワークシステムを 構築することができます。具体的なシステム構築のバリエーションをご理解いただくために、弊社システムによる教育機関でのシステム構築事例をご紹介申しあげます。ご参考になれば幸いです。

システム導入の出発点
 教育機関でコンピュータシステムを導入する場合、すぐに[どの機種を導入すれば良いか、またその予算はどれくらいか]という問題が発生します。

 この導入機種選定についての考え方には一つの絶対的な見地があるわけではなく、導入の目的、教育の目指すところで大きく方向が分かれるところです。教育システムの構築には、様々な方法、選択肢が存在するわけです。したがって、当然ながら基本的導入理念が確立されていることが大切です。目的を明確化したガイドラインの確立がスムーズな導入のキーとなります。

システム選定の留意点
1:ハードウェア

 予算的にきびしい場合、ローコストマシンを導入する例が多いのですが、本体だけでは使えないローコストマシンもありますので、慎重な検討が必要です。また予算が潤沢な場合、要求される機能を上回って有り余る高機能なマシンが提案される例もあります。

使用目的に対し、適切な機能、価格であるかについては、ハードウェアメーカー以外のコンサルトも有効です。

2:ソフトウエア

 ハードウエアが存在しないと物理的に施設が整わないので、導入についてはハードウエアから進められることが多いのですが、ソフトウエアが存在しないことにはコンピュータは使えません。

 UNIXのOSそのものについては、通常ハードウエアには付属せず別売商品で扱われるケースが多く、その費用等も軽視はできません。さらにX Window、日本語環境、C言語等も別売のケースが多くなってきています。ワークステーションの台数分必要であったりもします。

 また、OSをインストールする作業も場合によっては費用が発生するケースが多いので機器の予算計上時に留意する必要があります。


対応機種
 詳しくは対応機種一覧をご覧ください。